ニキビ肌には保湿が必要?どんなやり方をすれば良いの?

繰り返し出来てしまうニキビには、十分な保湿を与えることで、ニキビの肌トラブルを回避できる可能性が高まります。
特に原因が思い当たらないのに、ニキビが増えていると感じた事はないでしょうか。
ニキビの原因として多くの人がイメージするのは、皮脂などの油分が多いと言うことでしょう。

 

しかし、実は水分が足りていないこともニキビが発生する原因の一つです。
水分をしっかり与えれば、改善できる可能性があります。
肌は水分が足りなくなると、栄養が十分供給されなくなります。

 

つまり乾燥によって肌トラブルが起こりやすい環境を作り出してしまうのです。
保湿のやり方の最初のステップは、洗顔を丁寧に行うことが大切です。
不潔にしていると、ニキビもできやすくなってしまいます。
それではいくら水分を与えても意味がありません。
肌を清潔にした後の、保湿クリームは、ニキビ肌用のクリームを使用した方が良いでしょう。
乾燥してニキビが出来ている場合は、肌がとても敏感になっているため、無添加で肌に優しいタイプの基礎化粧品を選ぶことも大切です。
肌質に合っていないものを使用した場合、症状を悪化させてしまいます。
自分の肌に合うものを選び、適量を使用することが望ましいやり方です。

 

 

保湿ケアをしないとニキビができやすくなる?

ニキビは、肌表面の皮脂が多いと発生しやすいイメージがあるため、保湿にはあまり気を遣わない人がいますが、実は保湿ケアがニキビ肌には大切なのです。
確かに、保湿ケアである乳液やクリームには油分が含まれており、ベタつきが苦手な方はこのケアを怠りがちになります。

 

しかし、乳液やクリームの油分には肌の潤い成分の蒸発を防ぎ、外部刺激から守るという効果があります。
そのため、保湿ケアをしないと潤い成分が蒸発してしまうため、肌は乾燥しがちな状態になってしまい、刺激から守るために皮脂を過剰分泌するようになります。
するとその余分な皮脂が汚れと共に毛穴に詰まりやすくなり、そこにアクネ菌が繁殖して炎症を起こし、ニキビとなってしまうのです。
つまり、ニキビの原因は肌の乾燥です。
そのためしっかりと保湿をしないとニキビを生じると共に悪化の原因になってしまうのです。
そのため、ニキビの予防、改善には肌を清潔にすると共に保湿ケアをすることが重要です。

 

しかし、油分なら何でもいいというわけではありません。
中には刺激の強い成分を配合してあるものもあり、肌質に合わないと余計な肌トラブルを起こしてしまう場合もあります。
出来るだけ、無添加で低刺激のものを選ぶようにしましょう。

 

 

保湿がニキビの悪化を防ぐ?

ニキビが出来ていたり、皮脂がべたついて気になるようなときには、保湿しないほうが良いのではないと考えがちですが、むしろ保湿こそ、ニキビケアには大切なのです。

 

というのも、肌は乾燥してしまうと固くなり、毛穴を詰まらせ、トラブルを起こしやすくなってしまいます。
また、皮脂が多いのは、乾燥している肌を守るために過剰に分泌されるためです。
皮脂が多く、内側で乾燥が進んでいるインナードライの状態では乾燥に気付きにくいものですが、ニキビを悪化させないためには十分な保湿が効果的です。

 

大人の場合、思春期向けのニキビ対策用スキンケアコスメでは肌の乾燥を招き、かえって悪化させてしまう恐れがありますので注意しましょう。
油分を控え、水分を十分に与えることが、ニキビ対策になります。
悪化させないためには、油分が少なく、水溶性の保湿成分がたっぷり入ったスキンケア用品を使いましょう。
水溶性の保湿成分には、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどがあります。
自分の肌に合った成分のスキンケア用品を選んで活用すると良いでしょう。

 

 

乳液で保湿するのが良い?

大人になると肌の水分量が減り、肌は常に乾燥状態になってしまいます。
適切な肌ケアをしていかないとニキビなどの肌トラブルを引き起こす原因となります。
肌が乾燥すると、肌バリア機能が低下し、これを回復させようとする体の防御反応で皮脂が過剰分泌されます。

 

皮脂が多量に分泌されることで、毛穴をふさぎ、皮脂が排出できなくなる状態になります。
そこに皮脂が溜まることでアクネ菌が繁殖してニキビとなってしまうのです。
大人になってからのニキビは肌の乾燥が引き金になることが多く、これを改善するには肌に潤いを与えることが必要です。

 

良く泡立てた石鹸で優しくマッサージするように汚れを泡に吸着させ洗顔します。
その後化粧水で肌を保湿しますが、それだけではせっかくの水分は蒸発してしまいます。
化粧水のあとには乳液を塗ることで水分にふたをし、蒸発するのを防ぐ必要があるのです。
乳液には油分があるので、肌に膜を作ることで化粧水の水分や美容成分を閉じ込める役割があるのです。
化粧水で肌を潤し、その後の乳液で保湿成分を閉じ込め、外部の刺激から肌を守ります。
このようなことから、大人ニキビを改善するには乳液を利用した保湿ケアが大切です。

 

 

ニキビにはクリームが有効?

大人になってからできるニキビには保湿が何よりも大切です。
それはニキビのできる原因にあります。
年齢を重ねるとホルモンの分泌が減少したり、ストレスによる体内循環の悪化などで肌の水分量が低下してしまいます。

 

それによって乾燥状態になり、肌バリアの低下、毛穴の詰まり、ターンオーバーの乱れなどが引き起こされてしまいます。
それによって、古い角質が肌に残り毛穴を狭くしたり、塞いでしまうことになります。
毛穴は老廃物を排出する部分ですが、それが詰まることで皮脂が排出されずに残ってしまいます。
そこにアクネ菌が繁殖してニキビの原因となるのです。
それを改善していくには保湿クリームなどによる保湿が大切です。
まずは、良く泡立てた石鹸で汚れを吸着させ、古い角質と共に取り除きます。
そして、化粧水で肌を整えた後、保湿力の高いクリームをしっかりと塗ることで乾燥が緩和されていきます。

 

保湿クリームは浸透力の高いものを使用すると、更に肌の奥底からの健康を取り戻すことが出来ます。
こうした、肌ケアを毎日の習慣にすることで、肌の水分量が増えていき、肌トラブルが減少していきます。
足りなくなった水分を補うことは若々しい肌を維持するために必要な事なのです。

 

 

ニキビって様々な場所にできる

ニキビと保湿について説明していきましたが、いかがでしたか?
ニキビって色々なところにできるから、けっこう頭を抱えて考えてしまうこともあります。
大人になってから顎ニキビができるようになったという人もいます。
そういう方向けのサイトがありますので、もしよかったら見てみてください。